パワーアップPCBA#19:Seeed XIAO RP2040によるTinyML開発のスピードアップとSeeed Fusionによる無料プロトタイプの提供

創造力を瞬時にかきたてるものはなんでしょうか 今年初め、SeeedはXIAOシリーズにXIAO RP2040を導入しました。XIAO RP2040では、Raspberry Picoと同じくらい強力で、人気の高い生産可能で、XIAOと同寸法のマイクロコントローラを手に入れることができます。 XIAO RP2040は、MicroPythonとCircuitPythonの直接サポートにより、よりパワフルなXIAOアプリケーションに対応します。より多くのXIAO RP2040プロジェクトをサポートし、インスピレーションを与えるために、Seeed FusionはSeeed Fusion PCBAサービスで2つのPCBAプロトタイプを無償で提供しています。この素晴らしい機会を逃さないでください。 Seeed XIAO RP2040の性能は? XIAO RP2040は、最大133MHzで動作する柔軟なクロックを持つ強力なデュアルコアArm Cortex-M0+プロセッサを搭載したRaspberry RP2040チップを搭載しています。 また、264KBのSRAMと2MBのオンボードフラッシュメモリが搭載されており、より複雑なプログラムの保存や実行が可能です。優れた性能と処理能力にもかかわらず、この小さなボードは非常に少ない電力を消費します。また、Electronics-Labの記事では、Seeed XIAO RP2040の詳細な機能を紹介しています。こちらまでご覧ください。 Seeed XIAO RP2040は、小さな親指サイズに豊富なインターフェースを搭載し、Arduino、MicroPython、CircuitPythonを完全にサポートしています。オンボードのインターフェースは複数のアプリケーションの開発に十分で、様々なウェアラブル、TinyML、ラピッドプロトタイピングに理想的です。また、ミニArduino、カスタムメカニカルキーボード、USB開発(USBからマルチチャンネルTTL/USBホストモードなど)、小型プロジェクトが必要なすべてのプロジェクトに最適です。 XIAO RP2040はSeeeduino XIAOと同じくらい小さいですが、より強力で、CircuitPythonをサポートしています。アムステルダムに駐在している英国人開発者、Andy Warburtonによる興味深いプロジェクトを紹介します。 「最近メカニカルキーボードのカスタマイズを始めたのですが、8キーのメカニカルマクロパッドを誂えるのは楽しいと思いました。このプロセスはかなり簡単で、Seeeduino Xiaoを加えることでさらに簡単になります。超安価で十分な入力があるので、マトリックスのコーディング方法を考えるという複雑なことをしなくても、かなり大きなキーボードを作成できます(やってみようと思えば、この小さなデバイスで最大25キーのキーボードを作ることができます!)是非やってっみてください!」…

詳しくへ

ロボット、ドローン、ホームオートメーション、IoTアプリケーション向け低消費電力Öchìn CM4キャリアカスタム基板、Seeed Fusion製

強いシステムは、すべての始まりです! Raspberry Piの基板は頑丈で、特に新しいRaspberry Pi CM4モジュールは非常に小型でありながら、非常に高い性能を持っています。機械学習、ロボット工学、屋外用IoTデバイス、コンピュータビジョンアルゴリズムなどの高度な機能をシステムに装備したい場合に最適です。 最近では、ドローンが活躍し、その技術レベルを非常に高くしている企業もあります。オープンソースの業界でも、Ardupilot、INAV、Betaflightなどのフライトコントローラのファームウェアなど、信じられないような技術レベルのソフトウェアが生み出されています。OpenHDの開発者はさらに一歩進んで、OSDと連携した高解像度カメラで捉えた映像を転送し、ユーザーが実行データを見ることができるシステムを作りました。しかし、ドローンのために作られたシステムは、ローバー、アグライダー、飛行機、潜水艦など、どんなタイプの乗り物でも使うことができるのです。 このようなアプリケーションに対して、CM4モジュールのような機械が提供する可能性、そして新しいシナリオの幅を広げてくれることは、本当に驚くべきことです! フラビオ・アンソヴィーニはエレクトロニクス、ロボット、プログラミングの愛好家です。近年ではそのスキルを遠隔制御モデルやドローンに応用しています。Raspberry Pi CM4モジュールを最大限に活用するために、彼はロボット工学、ドローン、IoTデバイス、そして一般的な組み込みデバイスに特化したキャリアボードを作成することにしました。このキャリアボードは「öchìn CM4」と呼ばれています。 ochin CM4はRaspberry Pi演算モジュール用に設計された小型のキャリアボードである。強力な機械、低消費、小型を必要とするアプリケーション向けに設計されています。 小型であるため、ロボット、ホームオートメーション、IoTなど、使用できるスペースが少なく、重量を抑えることが重要なすべてのアプリケーションに最適です。 さらに、eMMCを搭載したすべてのRaspberry Pi CM4モジュールと互換性があります。CM4モジュールのSDRAMは1GBから8GBまで、eMMCは8GBから32GBまで、Wi-Fi / BT4接続の有無にかかわらず、ニーズに応じて選択することができます。 フラビオが開発したöchìnで利用可能なRaspberry Pi CM4の主な特徴: CM4モジュールと同寸法 4ポートのUSB2 HUB 2台のCSIカメラ用インターフェイス UART、I2C、SPIインターフェース CM4モジュールへの電力供給とUSBデバイスのための十分なスペースを確保するための大電流供給が可能なスイッチング電源 各インターフェース専用の堅牢なコネクター…

詳しくへ

LoRa-E5と無料のSeeedFusion PCBAプロトタイプ–IoTへのインスピレーションライティング

BIG NEWS!! IoTの発展に貢献するために、Seeedは、世界中のハードウェア愛好家、デザイナー、メーカーとエンジニア向けに、Seeed Fusion PCB製造・実装サービスでLora-E5プロジェクトを後援しております。 LoRa-E5&Seeed Fusion PCBAサービスとは LoRa-E5は、初めてLoRa RFIC(SX126X)とMCU(STM32WLE5JC)を一つのモジュールに組み込んだSoCです。低エネルギーでありながら高性能・低コスト・コンパクトなアプリケーションを念頭に置いて設計され、FCC およびCE認証取得済みのLoRa-E5 LoRaWAN®モジュールは、フライト追跡、スマート農業、スマートシティ、無線検針、センサーネットワーク、無線通信、その他の低消費電力広域IoTシナリオなど、長距離・超低消費電力のアプリケーションに最適です。 The Things Network(TTN)のハードウェアエンジニアであるOrkhan AmirAslan氏は最近、LoRa-E5モジュール用の羽根型ブレイクアウトボードを開発し、Seeed Fusionのプリント基板実装ワンストップサービスで製造しました。 優れたアイデアは発見されるべき、優れたプロジェクトは世間に知られ、実現され、広く普及されるべき Lora-E5に関する面白いコンセプトをお持ちで、それをコミュニティで共有したいとお考えの方は、是非とも当社のワンストップサービスをご利用くださいませ。Seeed FusionのターンキーPCB製造・実装サービスで、2枚の基板を無料で入手しましょう。 また、すべての部品をPCBA Open Parts Libraries (OPL)から選択すれば、製造リードタイムをたった7営業日までに短縮できます。 さらに、量産を希望されるお客様に最適なお勧めは、Seeed Fusion PCB実装サービスです。LoRa-E5モジュールをわずか5.90米ドル(40%割引、元値9.90米ドル)で入手することができます。 あなたのLoRa-E5プロジェクトを次のレベルへと引き上げましょう! 応募方法:…

詳しくへ